無味無臭

意味は無いです

記録

0時シャワーを浴びた。何時もより体を丁寧に洗った。

2時コンビニに荷物を運ぶ。荷物の郵送を断られた。家に帰る。

3時 身支度を整えた。荷物を確認した。自分でバイトしたお金で買った物はほとんどカバンに詰めた。大好きな漫画達は荷物になるので置いていくことにした。

4時 家の近くのコンビニまでタクシーを呼んで荷物を抱えて駅に向かった。駅前のコンビニで荷物を郵送した。

5時 始発の電車に乗った。仙台へ向かう為、隣県の乗換駅まで2時間電車に揺られた。

7時 母からLINEが来た。「手紙読んだ。自分で決めた事なら、頑張れ👊😆」家を出てくる前、母の部屋のドアノブに手紙を貼ってきていた。

10時仙台へ到着した。もう家には帰れない。母からのLINE、私の決断を応援する口調と私を今まで育ててきた思いについてのメッセージ、母が泣きながら文字を打つ姿が浮かぶ。私はこの人を捨てることを、また決意した。

11時 同じ服の趣味を持つフォロワーの女の子と待ち合わせをしていた。東京行きのバスを待っている間、一緒にお茶をしたり服を見たり散歩をした。自分が家出をしている真っ最中だと打ち明けるのが申し訳ないくらい、楽しかった。

14時 女の子と、また会おうと約束をしてバスに乗った。

17時 東京までの道は長い。親がヒステリックにならなかった事が凄く安心した。これからの東京での生活を考えたら不安で全く眠れなかった。

21時 新宿駅に到着した。新居に辿り着けるのが翌日だったので、一晩泊めてくれるフォロワーが迎えに来てくれた。新宿駅、たくさんの人が早歩きで通り過ぎてゆく。私には新宿駅は大きすぎた。

24時 明日の新居への電車の乗り方を確認して、眠りについた。死んだように寝た。

 

 

 

 

 

 

 

全部全部黒歴史で人生がやっと始まったのか終了したのか、私には何も分からない